◆秀麻呂 ― 神代文字を描く書道家〜日出ずる国の神々が贈るメッセージ

藤原北家世尊寺流 - 神心書道 秘伝

神字画「正神界直伝字‐神」

 

題目:天照大御神(アマテラスオオミカミ)

作:秀麻呂

 

解説:数ある神代文字の中で最も尊く、秘伝とされてきた正神界直伝字の書。この一文字で「神」と書かれています。

正神界直伝字は略称で「正神字」とも呼びますが、その他に幾つか別称もあります。

正神界直伝字(正神字)はその内に秘めたるエネルギーがあまりに大きいため、修道を経た書聖以上の者しか書してはならないとされてきた秘術の神代文字でもあります。

 

[神々の詩」縄文語 縄文海流 - 風の縄文Ⅲ presented by 姫神

 

縄文語~「小泉 保」氏の著書「縄文語の発見」より一部引用(1998年5月 青土社)

 縄文語とは、縄文時代に日本列島で用いられていた言語である。縄文語を復元する方法として、比較言語学的な方法と、方言周圏論の二つを挙げている。二種を組み合わせ、辺境に分布する語を比較して得られる再構成した形を、縄文語の語形としている。一例としては東北、九州、琉球に分布する語を比較し、次に東北方言の音韻の特徴について論じたあと、出雲方言に東北方言と音韻の類似する面があることに言及し、これらの音韻こそ、縄文語を受け継いだ言語であると述べている。


- 作品集㊙公開中 -

 

◆「秀麻呂」がこれまでに描いた神字画や神代文字の作品について、一部を紹介しています。詳しくは←家紋Clickしてリンク先をご覧ください。

※藤原北家世尊寺流のホームページにリンクしています。

 

◇リンク先の作品をClickすると解説ページもご覧いただけます。

 

◆神字画を購入する方へ

神字画」は、それぞれ御朱印が可能な神が異なります。なお一部、複数の神字画に御朱印が可能な神もおられます。これは神によりその持っている特性が異なっているため、それぞれの正神字には特に相性の良い神だけを御朱印しているからです。初めて購入する方は、作品に付記している解説をご一読してからのご注文を推奨いたします。詳しくは解説ページをご覧ください。※神字画Clickするとリンクします。

◆SAMPLE‐正神界直伝字「神」の場合

◆ Today's HIDEMARO - Now on Instagram☆